腰痛と牛乳?

こんにちわ。スタッフの河野です。

 

 

今日は「腰を反らすと痛い!」

というお客さんを紹介させて頂きたいと思います。

 

50代の女性の方で、朝起床時に腰が痛んだり

身体を後ろに反らしたり、捻ったりしても痛むという事でした。

 

身体を診させて頂くと

 骨盤や腰の骨が歪んだ状態になっていました。

 

 

オステオパシー的な診方をしていくと

 腰の痛みはの一番の要因は

「内臓」の硬さにありました。

 

 

内臓が腰痛に?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

内臓が硬くなる事で、その後ろにある腰の骨や骨盤にまで

影響が出てしまいます。

 

それでは何故その方の内臓は硬くなっていたのでしょうか?

 

 

それは「牛乳」が要因でした。

 

 

 

牛乳!?

と思われますよね?

本来牛乳は牛の赤ちゃんが飲む物であって、人の身体に合う様には出来ていません。

 

 

牛乳が身体に与える影響として

 

●乳性品を消化する為の消化酵素が3~4歳で無くなってしまい、上手く消化吸収出来ない。

 

●カゼイン(牛乳に含まれるタンパク質)には粘り気があり、腸で吸収されにく為に腸内で腐敗し、

 炎症を起こしてしまいます。そして炎症を繰り返す事で腸が硬くなってしまう。

 

●カゼインには発癌性がある。

 等々

 

 

上記の事から

内臓の硬さが腰痛の要因となり、いくら腰の骨や骨盤を調整しても、元に戻ってしまいます。

 

 

施術は

内臓

骨盤

を中心に行ないました。

 

 

施術後は

 身体を反らしたり、捻ったりした際に

「痛くないです!」と喜んでもらう事ができました。(^^)

 

 

乳製品を使った物で美味しい物も沢山ありますよね(ソフトクリーム、ピザ、洋菓子等々)

牛乳を完全にやめた方が良いと言っている訳ではなく、嗜好品として考えて頂くのが良いかと思います。

 

 

牛乳や乳製品を習慣的にとられる方で、身体に不調がある方は是非ご相談下さい。

 

 

 

 (スタッフ 河野)

 

 北海道オステオパシーセンター【札幌市 中央区 整体】

住所:

 札幌市中央区北1条西18丁目1-41クレバー大通りビル2F

アクセス:

 地下鉄東西線西18丁目駅 3番出口より徒歩3分

電話:

 011-624-5351(受付平日10:00-20:00 土曜10:00~18:00)

~病院で「問題ない」と言われてしまった頭、背中、腰などの症状のことならオステオパシー~

 

↓24時間対応ネット予約↓

 

予約バナー.png

 

 

関連記事

  1. 雪かきをする時に肘が痛む

  2. 夜中に起きてしまうほどのギックリ腰でお困りだった方。

  3. オステオパシーに国境はない!

  4. O脚でお悩みの方

  5. あぐらをかけずにお困りの方へ

  6. 腰痛の原因について

月別アーカイブ