指の骨折の影響

こんにちわ。 スタッフの河野です。

 

今日は昔骨折した事が要因で

身体の不調が起こっていたお客さんについて紹介したいと思います

 

高校生 男性 野球部(ピッチャー)

 

症状は

野球でボールを投げる際、振りかぶった状態から腕を振り下ろす時や

体幹を捻じる動作の時に背中が痛む。

長く座っていると腰が痛む。

という事でした。

 

背中や腰を診させて頂くと

どちらともかなり歪んだ状態になっていました。

 

オステオパシー的な診方をしていくと

背中や腰の歪みの要因は

硬膜の歪み」にありました。

さらに硬膜の歪みの要因は

一年前の左手中指の骨折を「手術した際に何針か縫った事」が

要因になっていました。

 

 

上記の流れを説明したいと思います。

身体は筋膜によって全身タイツの様に繋がっています。

左手の指を骨折し、手術の際に縫った事で

指の周りの筋膜に引きつりが生じ、その影響が手首から肘

肘から二の腕、そして二の腕から頭まで達していました。

 

そこからさらに頭の骨が歪み、頭の中の硬膜に歪みが生じ

その影響が背中や腰まで及んでいました。

 

 

 施術は

左手中指の手術箇所

腰骨

硬膜

等を中心に行いました。

 

 

施術後は

「さっきより痛み軽いです!」と

身体を捻じった際の背中の痛みが軽減され

二度目の施術で完全に痛みはなくなりました。(^o^)

 

腰や背中等の不調が整骨院や病院に行っても中々良くならないという方は

症状が出ている所ではなく、離れた場所に要因がある可能性があります。

身に覚えがある方は是非ご相談下さい。

 

 (スタッフ 河野)

 

 北海道オステオパシーセンター【札幌市 中央区 整体】

住所:

 札幌市中央区北1条西18丁目1-41クレバー大通りビル2F

アクセス:

 地下鉄東西線西18丁目駅 3番出口より徒歩3分

電話:

 011-624-5351(受付平日10:00-20:00 土曜10:00~18:00)

~病院で「問題ない」と言われてしまった頭、背中、腰などの症状のことならオステオパシー~

 

↓24時間対応ネット予約↓

 

 

予約バナー.png

関連記事

  1. お客さんからのご感想⑤

  2. 腰の痛みは幼少期の〇〇が要因だった

  3. 何もしなくても腰が辛かった方

  4. お客さんからのご感想①

  5. 過去の手術の影響で・・・

  6. 歯と身体のつながり

月別アーカイブ