腰が辛いのは〇〇筋が要因かも

こんにちわ。スタッフの河野です。
いつもブログを読んで頂きありがとうございます。


本日は腰が辛い際の要因となっている
意外な筋肉ついて書かせて頂きたいと思います。

今回紹介させて頂く筋肉は

【棘下筋】

になります。

?って感じですよね。

あまり聞きなれない筋肉かと思います。

ブログ画像
上記の部分になります。
ちょうど肩甲骨の上にある筋肉になります。


この部分の凝りが要因となって腰が辛いという場合も
お客さんを診させて頂いておりますと、結構あります。

肩甲骨周辺の凝りが筋膜的なつながりによって腰の筋膜まで
波及してしまい、結果的には腰の辛さに繋がってしまいます。


それでは
ご自分で出来るケアの方法をお伝えしたいと思います。

まず腰の辛さと【棘下筋】が関係しているかを
確認する方法をお伝えしたいと思います。

1.まず腰が辛い動作を再現して頂きます。
(例えば前屈や反らした場合や、横に倒した場合でどの動作が辛いかを確認します)

2.次に右側の腰が辛い場合は右側の肩甲骨をご自分で押さえます。

ブログ画像*上記の画像の三角の部分に棘下筋があるので
 肩からではなく、わきからの方が圧迫しやすいかと思います。

3.次に肩甲骨の下の部分を圧迫した状態で腰が辛い動作をして頂き
 動作が楽になっていれば棘下筋が関係している可能性があります。



ケアの仕方

1.身体の右側を上にして横向きに寝て頂きます。

2.次に左手でわきから棘下筋に軽く触れます。

3.次に左手をご自分の方向へ軽く引き寄せます。
 (本当に軽く引くくらいの方がゆるみやすいです。手の重みをかける程度で良いです。)

4.この状態で1分から2分程維持します。

5.時間が経ったら、起きて頂き再度腰の辛い動作を確認して頂きます。


少し腰の辛さが改善した場合は、何度か繰り返してみて下さい。

もちろん他の部分の歪みの影響が強い場合は
あまり変わらないかもしれませんのでご了承下さい。



【ソフトで無痛な施術で、朝も気持ちよく起きれます。】



腰の辛さが中々しないという方は
是非一度ご相談下さい。


スタッフ 河野

北海道オステオパシーセンター【札幌市 中央区 整体】

住所:

 札幌市中央区北1条西18丁目1-41クレバー大通りビル2F

アクセス:

 地下鉄東西線西18丁目駅 3番出口より徒歩3分

電話:

 011-624-5351(受付平日10:00-20:00 土曜10:00~18:00)

~病院で「問題ない」と言われてしまった頭、背中、腰などの症状のことならオステオパシー~

 

↓24時間対応ネット予約↓

 

予約バナー.png

 

関連記事

  1. 突き指でお困りだったお客さん

  2. 尻もちの影響?

  3. 首が辛いのは〇〇のせいかも

  4. 当店でのオステオパシーの施術について

  5. お客さんからの嬉しいお言葉

  6. 段ボールに小指を・・・

月別アーカイブ