突き指をした際の、アイシングの方法について

こんにちわ、道内で唯一の【突き指専門】整体師の河野です。
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。


本日は突き指をした際の
アイシングの方法についてお伝えしたいと思います。

まずアイシングを行う上で、重要な事は

・冷却温度
・冷却時間
・冷やす間隔
上記の三つが重要になります。

・冷却温度

アイシングの際、冷却温度が氷点下の場合、凍傷を起こしてしまう恐れがあります。
家庭用の冷蔵庫で作られた氷は、0度以下に凍っている(霜が付いている場合)事があるので
一度ざる等を使って、氷表面の霜を水で流します。
それをビニール袋及びアイスパックを使って患部をアイシングをします。

※ コールドスプレーは皮膚表面の冷却効果しかないので
  アイシング目的ではあまり効果的ではないので、使用しない様にしましょう。

※ 湿布も冷たくは感じますが、鎮痛効果はあっても
  アイシングも目的ではあまり効果的ではないので、使用しない様にしましょう。


・冷却時間
15分から20分程度が望ましいです。
アイシングを行いますと

1.強い冷感
2.次に暖かい感じ、灼熱感
3.ピリピリする感覚や痛み
4.感覚がなくなる
上記の順序で進むと言われております。

4の感覚がなくなるまでに、約15分から20分かかります。
感覚がなくなった際はアイシングを終了します。

突き指で、指をアイシングする際は冷却する面積が小さい為
上記の時間よりも早く感覚がなくなる可能性があるので
あくまで参考程度にして、指の感覚がなくなったら、アイシングを止めましょう。


・冷やす間隔
感覚がなくなったら、次にアイシングをするまで
1時間から2時間をあけて腫れや痛みの状態を確認して
再度アイシングをします。
これを24時間から48時間ほど続けます。

時間はあくまで目安として、指の感覚がもどってから状態をみて
アイシングを再開する様にしましょう。


突き指受傷後は、まず病院を受診して
骨折や、靭帯損傷の疑いが無い場合は
是非当店にご相談下さい。



(スタッフ 河野)

関連記事

  1. 転倒したりしてませんか?

  2. 継続的に腰のケアをしていたのに・・・

  3. ギターの1弦・2弦が押さえづらい方へ

  4. 始めて来店される方へ

  5. 捻挫後の痛みが、2か月も長引いていた方

  6. 腰痛の要因

月別アーカイブ

カテゴリー別