寝違いを起こしたら

こんにちは、道内で唯一の【寝違え専門】整体師の河野です。
いつもブログを読んで頂き、ありがとうございます。


本日は寝違えになった際について
書かせて頂きたいと思います。

寝違えは、日々の疲れや姿勢の歪みある状態で
睡眠環境(ベッド、枕、姿勢)がキッカケでおきます。

寝違えを起こした場合は安静にして
間違っても首などを揉んだりはしない様にしましょう。

寝違えの痛みは二つの要因から起きています。

一つ目は骨格的な歪みによる痛み。
二つ目は炎症反応による痛み。

骨格的な歪みは施術で調整可能です。
炎症反応に関しては、48時間から72時間は続きます。

その為、寝違えた当日に施術をしても
回復を早める事は出来ますが、
痛みが完全にとれるという事はありません。

ですが、施術をせずに
我慢していても、炎症が治まっても
歪みによる痛みが解消されていないので
痛みが長引いてしまいます。

病院で診てもらったのに痛みが改善しない方
朝起きて首が痛くて、生活に支障がある方
是非一度ご相談下さい。



(スタッフ 河野)

関連記事

  1. ギックリ腰をくり返してしまうのは何故?

  2. 突き指に対しての疑問について

  3. 諦めていた膝の辛さが・・・

  4. 指先の不調で、お困りの美容師の方へ

  5. 10ヶ月ぶりのお客さん

  6. お客さんからの嬉しい一言☆